Able Japan     株式会社エイブルジャパン
  サイトマップ   お問い合せ
 
HOME 事業紹介 シックハウスとは Q&A 会社案内 代理店情報 リンク集
 
一般的なお問合せのQ&A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一般的なお問合せのQ&A

Q シックハウス症候群とは何ですか?
Q 化学物質過敏症との違いは何ですか?
Q 室内の空気汚染の原因にはどんなものがありますか?
Q ホルムアルデヒドとはどんな物質ですか?
Q VOCとは何ですか?

 

Q シックハウス症候群とは何ですか?
A シックハウス症候群は、新築の住宅、リフォームした住まい、また職場が新しいビルに引っ越したとたん、室内に入ると気分が悪くなり、だるい、のどが痛い、咳がでるなどの体調の変調を訴えることで問題視されている、比較的新しい病気です。
トップに戻る

Q 化学物質過敏症(※1)との違いは何ですか?
A 日本では、シックハウス症候群と化学物質過敏症が同じ病気であると受け止められる場合があります。シックハウス症候群と化学物質過敏症はとてもよく似ている点も多いのですが、シックハウス症候群では、原因となる住宅を離れることで、のどの刺激、痛みや頭痛、集中力困難などといった症状が完全に消えてしまうことが、化学物質過敏症と異なる点です。

ある建物の中にいるときだけ症状が出るのが、シックハウス(シックビルディング)症候群ですが、その後の生活で、たばこの煙り、香水のにおいや排気ガスなど、空気が汚れているところで決まって体調が悪くなるとか、室内ではないのに体調が悪くなる(症状が悪化する)ことがあったりアレルギーが出現してくる場合があります。
化学物質過敏症とは「かなり大量の化学物質を接触した後、または微量な化学物質に長期に接触した後で、非常に微量な化学物質に再接触した場合に出てくる不愉快な症状」と定義されています。

※1 化学物質過敏症・・・生活している環境の中にある有害な化学物質を微量に摂取することによって、自律神経・中枢神経を中心として、内分泌、免疫系など多くの器官に、いろいろな症状が現れる疾患を化学物質過敏症と呼んでいます。
トップに戻る

Q 室内の空気汚染の原因にはどんなものがありますか?
A 室内の空気を汚染する汚染物質の源は、大きく分けて屋外と室内の二つがあります。自動車の排気ガスなどで汚れた屋外の空気が換気によって室内に入ってきて、室内空気汚染の原因になることがあります。室内から発生する汚染物質は、居住者の活動によって発生する汚染物質と、居住者の行動にかかわりなく発生する汚染物質の二種類に分けることができます。

居住者の行動により発生するもの 排気ガス、防虫スプレー、蚊取り線香、電気蚊取り、調理等煙、タンス用防虫剤、接着剤、塗料
居住者の行動に関係なく発生するもの 建材、家具、壁紙、カーテン、塗装
トップに戻る

Q ホルムアルデヒドとはどんな物質ですか?
A ホルムアルデヒドは水素、炭素、酸素原子からできているHCHOという構造をした、刺激臭のある無色の気体で、水によく溶けます。
十分に乾燥が行われた後でも加水分解(※2)によってホルムアルデヒドが生成するので、長い時期にわたって室内を汚染し、ホルムアルデヒド濃度が室内濃度指針値以上になる可能性があるので、注意が必要です。

※2 加水分解・・・加水分解が起きると、接着剤からホルムアルデヒドが生成し、ガス化して室内に放散されます。
トップに戻る

Q VOCとは何ですか?
A 炭素を含む揮発性のものをまとめてVOCと呼んでいます。VOCは炭素の多くの水素原子が含まれ、さらに水素よりは少ない量ですが酸素、窒素、硫黄やリンなどが含まれている場合があります、これらのいろいろな元素の組合せにより、無限に近い種類の化学物質によってVOCは構成されています。酸素を含むVOCには、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどのアルデヒド類やアセトンなどのケトン類を挙げることができます。これらは接着剤の原料として大量に使われています。リンを含むVOCには防蟻剤のクロロピリフォスのように強い毒性を持った化学物質が多く存在します。
 

トップに戻る
 
Copyright(C)2003 Able Japan All rights reserved.